上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハンクラッチ:このブログの管理人。ダメ人間
藍坂雛:オリジナル小説「Guide」のメインヒロイン。永遠の14歳
楠祐一:オリジナル小説「Guide」の主人公。イケメン

半「ニャニャーン」
藍「…………」
半「今日は楠に来てもらいました」
藍「え?ゆ、祐一!?何で?」
楠「いや、作者に来いと言われたので」
藍「さ、さささ作者!ど、どういうことですか!?打ち合わせだと笹原が来るって」
半「サプラ~イズ……改めて、楠祐一です」
楠「え?あ、はい。皆様。初めまして。『Guide』で主人公を務めさせて頂いております。楠祐一です」
半「新米案内人ですね。リニューアルではまだそこまで書いてないですが、古い方は書いてるので問題ないかなっと」
藍「あああアリアリです」
半「……?こんなキャラだっけ?」
楠「もっとクールな位置だった気が」
半「とりあえず、藍坂の隣に座って」
楠「はい。失礼しま―」
藍「…きゃあ!」
楠「おぐぅ!」
半「顔面グーパンチ戴きました!!」
藍「す、スイマセン祐一!びっくりしてつい…」
楠「だ、大丈夫です…と、とりあえず座らせて下さい」
半「(何だろう…何かイライラするな)」
藍「…ど、どうぞ」
半「藍坂は顔が真っ赤で妙に縮こまっている…ほぉう?」
楠「どうかしたんですが?」
半「あ、お兄さんトイレ行って来るからちょっとなんか喋ってて」
藍「あ!ちょ、ちょっと!」
楠「ホントに行っちゃったよ」
藍「…………」
楠「…………」
藍「…………」
楠「あ、あの小隊長?」
藍「は、はい!!」
楠「こんな場で言うのもアレですけど…実は相談がありまして…」
藍「な、なんですか?」
楠「実は…あの……いや、いいです。またの機会にさせて下さい」
藍「……はぁ」
楠「スイマセン、気にしないで下さい」
半「ナニコレ…コノ空気嫌ダナァ。ブチ壊してくれる」
こうしてハンクラッチと藍坂、楠による俗に百年戦争と呼ばれる戦いの始まったのだ
半「グアアア!…この俺が殺られても第二、第三の刺客が来るだろう!」
藍「…ナニコレ」
楠「………」
半「ちょっと!無視しないでよ」
楠「いきなり泣きながら詰め寄られたらそりゃ殴りますよ」
半「だって、さっきのピンク色の空気が…」
楠「病院に行きましょう」
半「やだぁ!」
藍「祐一、退きなさい」
半「そ、それは鞭!」
藍「えいっ!えいっ!」
半「あぐぅ!えぐぅ!」
藍「ヨイショっと」
半「ちょ!鞭が、鞭が絞まってる。絞まって…る。ちょ……待……」
藍「さ、祐一。邪魔者はいなくなりましたよ。相談があるんですよね?」
楠「い、いえ。ありません」
藍「……相談…してくれないの?私は…私は」
楠「ちょ、小隊長?」
半「(主人公がヒロイン泣かしただと!?)」



ナニコレ?
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://436c75746368.blog73.fc2.com/tb.php/559-f8694279
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。